Archive for: 𔃶月 2016’

国産でもOK、ウィスキー買取

2016年6月26日 Posted by admin

ウイスキーを買取るお店もあります。実はこの時、ウイスキーの種類は海外産が多いように思われますが、日本国内で作られたウィスキーでもウィスキー買取ができるのです。

国産の品物の場合、それなりにブランドなどは限られてきます。代表的なものは山崎・響などの知名度の高いもので高額査定が期待できるでしょう。これらは長いこと愛されており、いろいろな人が中古でも昔の熟成したウィスキーでもぜひ味わってみたいというファンがいるのです。

また、過去に有名な国産ブランドが日本国内でドラマになり話題を呼びました。このため、その有名な国産ブランドのものなら人気があり、ある程度買取金額も期待できます。とはいえそのブランドならなんでもいいというわけではなく、やはり品質基準や状態、質のいいものかどうかということを左右されることが多いでしょう。

また、海外産もそうなのですがある程度外箱やラベルなどの状態も左右されます。これは特に状態がいいもののほうが買取金額が高く、一方それなりの状態のものは買取金額も低いということにほかなりません。とはいえ、大体の場合はある程度経年劣化は仕方ないものだと判断されます。もちろん状態が綺麗なら査定が高いのは言うまでもありませんね。

ちなみに、国産ウィスキーに関しては状態や人気の度合いも大事です。例えば保存状態が悪いとやはりその分査定額は下がり、ウィスキー買い取りでもそれなりの価格にしかなりません。ただ、付属品があったり箱がしっかり綺麗な状態にしていたら、国産でも十分買取の対象となります。

呑むことを考えると、古酒マニアなどにとっては古いお酒は悪い品物ではありません。国産ウィスキーの場合、昔から愛されていた品物ならば長いこと飲まずに置いておくと希少価値が生まれることもあります。

また、元から購入時の金額が高額であれば、やはり買取額はある程度比例して高額になる傾向があります。これは高額な方が価値が高いという単純なものですが、どんな中古買取品にもある程度はそういうところが見えてくるものでしょう。

また、箱があったり中身が綺麗な方が良いというのもあります。このため、できれば査定に出す前に少し外の瓶を拭いて綺麗にすると、少しは綺麗になり査定額が上がることもあります。ただしこの時に割ったりラベルを剥がさないように、角の部分には気をつけておきましょう。

ちなみにウィスキー買取に関しては他にもいろいろなポイントがあります。ここからチェック!してみましょう。

ウィスキー買取で人気のスコッチ、お酒買取業者の種類

2016年6月22日 Posted by admin

ウィスキーとは穀物から作られる蒸留酒のことです。ウィスキーの種類は、材料による分類と産地による分類に分けられます。

材料は大麦麦芽100%を材料としたシングルモルトウィスキーや大麦麦芽以外を材料にしたグレーンウィスキー、モルトとグレーンをブレンドしたブレンデッドウィスキー、ライムギを主原料とするライウィスキー、トウモロコシを主原料とするコーンウィスキーなどがあります。

産地による分類は、スコッチウィスキー、アイリッシュウィスキー、アメリカンウィスキー、カナディアンウィスキー、ジャパニーズウィスキーなどが代表的な産地です。これらは世界の5大ウィスキーと呼ばれています。ケンタッキー州バーボン郡が産地のバーボンウィスキーも人気があります。スコッチもバーボンもウィスキーの一種です。スコッチは大麦、バーボンはトウモロコシを主原料としています。

ウィスキーは度数が高く、健康に悪いと思われがちですが、意外に健康にいいお酒です。

ポリフェノールが含まれており、血液をサラサラにし、心臓疾患や動脈硬化の予防に効果があると言われています。また糖分がほとんど含まれておらず、カロリーも低いので、ダイエット中でも安心して飲むことができます。その他、チロシナーゼという成分が含まれており、メラニン色素の働きを抑制し、シミの改善が期待できます。

このように健康にいいためウィスキー買取は、今後も高額買取が期待できます。

お酒の買取は買取業者と酒屋さんに売る方法があります。人気なのは、買取業者です。買取業者は、特に無店舗化している業者はコストを徹底的に削減しているので、高額で買取してくれる可能性が高いです。

買取業者による、お酒の買取方法は店頭買取、出張買取、宅配買取の3つの方法があります。現在は宅配買取が最も一般的となっています。どの買取方法でも、身分証明書が必要になります。宅配買取の場合には、身分証明書のコピーを梱包材に同封して送ります。

買取業者はお酒専門の買取業者とお酒以外のものも扱う、総合買取業者があります。

お酒専門の買取業者の方が高額買取してくれるとは限りません。総合買取業者でもお酒専門の査定士が在籍しているところもあります。お酒専門の査定士はお酒に精通しているため、適正な価格を提示してくれます。

ウィスキー買取はお酒の買取の中心です。

スコッチは、ウィスキーの中でも世界的に人気があります。スコッチウィスキーの買取相場は定価の2~3割程度と言われています。状態が悪ければ、これより価格が下がります。

yahoo知恵袋には「ブランデーのナポレオン、ホワイトブックを30年前に購入し、未開封のものがあります。価値はあるのでしょうか?」という質問をしている人がいました。それに対し、2人の人が独自の視点で回答しています。ここからチェック!

ナポレオンなどお酒やウィスキー買取りについて

2016年6月20日 Posted by admin

高価なお酒と言うのは1本数万円から数十万円、中には数百万円以上もする高級ブランデーやウィスキーも在ります。

ワインが好きな人はワインをコレクションする人も多くいますが、コレクションはお酒を集めて眺める楽しみも在りますが、飲む事でお酒の魅力を味合う事が出来るわけです。

しかしながら、コレクションする人と言うのは、飲む魅力よりも高価なお酒を集めると言う事に魅力を感じ、手を付けずにそのまま大切に保管する人もいます。

また、人から譲り受けたブランデーの中でも有名なナポレオンを飲むのが勿体ないからと、大切に保管をしているケースも多いものです。

ナポレオンと言うお酒は世界的にも有名なブランデーのランクであり、お酒の銘柄ではありません。

因みに、ブランデーにはナポレオン以外に、スリースター、V.S.(Very Special)、V.O.(Very Old)、V.S.O.P.(Very Superior Old Pale)、X.O.(Extra Old)、オール・ダージュと言った等級が在り、熟年年数を示すものが存在しているのです。

この等級はスリースターが最も年数が短く、オール・ダージュが最も長くなるのが特徴で、ナポレオンと言うのは等級の中ではV.S.O.P.とX.O.の間になり、オール・ダージュから数えると3番目の熟年年数を持つブランデーであり、ウィスキー買取りの専門店などは高い評価を得る事が出来るお酒のです。

ナポレオンはブランデーの等級を表すものであり、ブランデーの等級には「V.S.」を初め、「V.O.」、「V.S.O.P.」、「ナポレオン」、「X.O.」、「オール・ダージュ」の6等級が在り、等級に応じて価値が異なるのが特徴です。

等級は熟年年数で、熟年年数を表す単位として「コント」が利用されています。

因みに、コントには「0」や「1」と言った数字が利用され、コント7以上の基準については定めが無く、ブランデーメーカーが独自に設定しているケースが多く、コント7以上の場合は価格に顕著に表れると言った特徴が在ります。

尚、ウィスキー買取りのお店では、ナポレオン等のお酒の買取りも可能にしているのですが、買取りを利用する場合に気になるのが買取り価格になるかと思われますが、価格についてはここからチェック!がお勧めです。

また、ウィスキーやブランデー、ワインなどのお酒と言うのはウィスキー買取りなどを行っているお店以外にも、ネットオークションを利用して出品を行う事で、お酒が好きな人やコレクションとして欲しいと考えている人などが入札をする可能性も高く、希少価値を持つものなどの場合は、入札者が多く集まり高額での落札になるケースも在ります。

そのため、お店だけではなくネットオークションもお勧めの売り方の一つです。

グラスやウィスキー買取について

2016年6月6日 Posted by admin

ウィスキーなどのお酒を飲むことが好きな人はたくさんいますし、食事の時にアルコールを飲む人も多いでしょう。外食の時にアルコール飲料を注文する人もいれば、自宅でアルコール飲料を飲む人もいます。しかし、飲まないウィスキーをそのままにしているという人も多く、気づけば何年も押入れの中にしまったままになっているかもしれません。飲まなくなったウィスキーや使わなくなったグラスなどがある場合、酒買取を行っている店舗に持っていくと良いでしょう。たくさん買取をしてもらいたい場合は宅配買取を利用すると便利です。酒買取を行っている店舗では、ウィスキー買取はもちろん、グラスや食器などの買取を行っている場合もあります。酒買取を行っている店舗に飲まないウィスキーを持っていくことにより、意外と高額で買い取ってもらえることもあります。応接間などにウィスキーを飾っているという人もいるかもしれませんが、ラベルなどが汚れていても買い取ってもらえることが多いです。酒買取の店舗ではスタッフが細かくチェックして見積もりを出してくれます。そして、見積もりの価格を提示してもらうことができるため、その価格に満足したら買い取ってもらうと良いでしょう。

酒買取店でグラスやウィスキー買取を依頼する場合、できるだけ高く買い取ってもらいたいものでしょう。希少性のあるウィスキーや有名ブランドのグラスなら高く買い取ってもらうことができますが、それほど希少性のないものでも高く買い取ってもらうためのコツがあります。まず、酒買取店で査定を受ける場合、第一印象がとても重要になります。現物を見て査定してもらうことになるため、汚れや傷がついていたら印象が悪くなってしまうことがあります。そこで査定を受ける場合はできるだけ綺麗に手入れをしておくと良いでしょう。新品に近い状態のものなら高く買い取ってもらえる可能性があります。また、ウィスキーは箱が無くても買い取ってもらうことはできますが、箱がついていた方が高く買い取ってもらえることが多いです。箱の状態が査定額に大きく影響することがありますし、中には箱だけで買取してもらえることもあるのです。買取して欲しいお酒の本数が多い場合、種類ごとに整理しておけば審査にかかる時間を短縮することができますし、きちんと保管されている印象を与えることができます。整理されていないと査定に時間がかかってしまいますし、少しでも高く買い取ってもらいたいなら事前に整理しておいた方が良いでしょう。